アニメの専門学校にはどんな授業がある?

150415342006_TP_V (1)

アニメが好きな人の中には、アニメ業界で働くことを志している人が多いのではないかと思います。
しかしアニメ業界で働くにはどのような勉強をするべきなのか、どのようなスキルが必要なのかなど、分からないことだらけですよね。
実際にアニメ業界への登竜門となっているアニメ系の専門学校では、いったいどんな授業が行われているのでしょうか。
アニメの専門学校に進学することが決まっている人も、ここで一度アニメ系の授業の内容を確認しておきましょう。

アニメ系専門学校の授業

アニメ系専門学校の授業では、実際にアニメ業界で働く際に必要となる知識やスキルを身につけることができます。
今回は、いったいどのような授業が行われているのか、アニメ制作の工程ごとにまとめてみました。

アニメーター系

デッサン実習

絵を描くための基礎である、デッサンについて深く学んでいく授業です。
ものを立体的に捉え、様々な方向からの見え方を把握する能力を身につけます。

キャラクターデザイン

アニメにおいての要、キャラクターのデザインに必要な知識を学ぶ授業です。
魅力的なキャラクターを創り出せるようになります。

レイアウト・原画実習

企画された設定を受けて、それをもとにレイアウトを作り、原画を描いていくまでの技術を身につけます。
原画はアニメーターの入り口です。

動画実習

原画とともにアニメーターの基本である動画の描き方を学ぶ授業です。
トレスから中割りまで、動画作業を網羅することができます。

デジタル作画

業界全体のデジタル化に対応し、デジタル作画の授業は増えています。
ざまざまなソフトを駆使した技術が習得できます。

監督・演出系

演出演習

プロの作品の鑑賞などをしながら、アニメにおいてどのような演出が有効なのか、どういった要素が作品を良くするのかなどといったことを学んでいきます。
授業を通して自分なりの演出論も生まれてきます。

絵コンテ

演出の際に必要になってくる絵コンテの描き方について学ぶ授業です。作画担当に伝わりやすい絵コンテを目指します。

企画演習

アニメの企画の立て方を学びます。魅力的なアニメはどういった企画から生まれてくるのかを理解します。
また企画や演出の授業では、実際に現場で使われる専門用語や常識を学ぶ場合もあります。

制作進行

アニメ制作の全行程を取り仕切る、制作進行の業務について勉強します。
アニメの題材としても扱われた職種で、注目されています。
実際に作品を制作しながら学ぶ授業もあります。

シナリオ演習

アニメシナリオについて、書き方や表現方法などを学びます。
実写や舞台のシナリオとは違った、アニメシナリオ特有の表現が習得できます。

背景美術系

透視図法

透視図法による描写方法を習得します。透視図法は遠近法ともいい、目で見たままの立体的な見え方を平面上に描き表すものです。
背景美術においては特に基礎中の基礎であり、必須技術です。背景では遠近法が正しく用いられていなければ不自然な世界になってしまいます。

質感の表現

モノの質感の表現方法を習得する授業です。背景では様々なものの質感を表現することが多いです。
4大背景と言われる建物、室内、自然、メカを中心に、世界のあらゆるものの質感が絵で表現できるようになります。

撮影・音響系

撮影・特殊効果

撮影に関しての技術を習得します。AfterEffectsを使ってのカットの繋ぎ方や、特殊効果によるアレンジ方法も知ることができます。
実際にアニメ業界で撮影業務につく場合、AfterEffectsは必ずといっていいほど使うため、操作を覚えておくと大変有利です。

編集

編集の基礎を学びます。実際に映像を作りながら、カット割りやどこからどう撮るかなどを学んでいきます。

色彩学

色の使い方や配置、バランスなど色使いについての知識を総合的に学びます。
カラーコーディネーターの資格取得にも積極的に取り組みます。

デジタルアニメーション

アニメ制作において必要とされる、3DCGやコンポジット、ペイントなどのデジタル技術を習得します。
映像を作る上でデジタルがどう関連してくるかなどを学ぶことができます。

デジタルペイント

”Paintman”などを使ったペインティングを習得します。
線の修正やスキャンなど、デジタルペインティングに必要な様々な技術を学びます。

アニメ制作のプロになるために必要な勉強とは

総合的にアニメやアニメ制作についての知識を学ぶ他に、自分のつきたい役職に見合った技術の習得が必要なようです。
いかんせんプロの技術というのはプロの現場に身を置かなければなかなか身につけられないものなので、専門学校で学ぶことで即戦力になるとまでは言えないかもしれません。とはいえ卒業後、いざアニメ業界に就職した際に、技術的なリードは大変大きなメリットになります。
専門学生のうちに基礎知識を固めておくことによって、現場で教わる工程が何段階も減り、より早く戦力として期待されることが可能なのです。

授業の評判が良い専門学校3選

デジタルアーツ東京

少人数制クラスが魅力で、15〜25人で1クラスとしています。人数が多くないために授業中の質問もしやすく、講師も生徒一人一人にそれぞれ適切なアドバイスをしてくれます。
「アニメ学科」には『アニメーターコース』と『アニメ彩色コース』という二つのコースを設けていて、自分のつきたい役職とそれぞれのコースの授業内容を照らし合わせて選んでいきます。
『アニメーターコース』では基礎のデッサンから原画、動画、アニメーション作画を実践的な授業で学び、現在のアニメ制作で必要とされる技術を身につけます。
『アニメ彩色コース』では作画へのペインティング、モーション、特殊効果などをベースに、色使いのバランスや配色などについても学んでいきます。
あなたがもしアニメの専門学校を選ぶならまずはここがおすすめです。

デジタルアーツ東京の詳細はこちら

アミューズメントメディア総合学院(AMG)

AMGでは、アニメ分野が「アニメーション学科」と「アニメ・ゲーム3DCG学科」に分かれています。
「アニメーション学科」の 『アニメーター専攻』ではアニメ制作の基礎知識から動画技術、デジタル技術を中心に学びます。
『アニメ監督・演出専攻』ではプロの現場にならってアニメ制作の工程を実践的に学び、制作進行の動きや監督の仕事などを心得ます。
「アニメ・ゲーム3DCG学科」では3D技術に限らず2Dについての知識も身につけます。企業と提携して行う授業もあり、プロから出されるの課題に取り組み、評価をもらうこともあります。

アミューズメントメディア総合学院(AMG)の詳細はこちら

代々木アニメーション学院

「アニメ・ゲーム学科」に『アニメーター科』『アニメ背景美術科』『アニメ監督・演出科』『アニメ音響科』という4つのコースが用意されています。豊富なコース展開で目的に合わせた無駄のないカリキュラム選定が可能です。
また高等部も設けているのが大きな特徴で、高校で教わるべき一般教養を教わりながら専門知識も身につけることができます。中学校を卒業後すぐに専門分野の学習に進むことができるため、努力次第で同世代の中ではかなり大きくリードすることができます。

代々木アニメーション学院の詳細はこちら

まとめ

アニメの専門学校では、前提として全ての役職に通づる基礎知識や基本技術を習得し、その上で希望進路に応じて様々な専門技術を身につけることが可能なようです。実習などの実践的な学び方ができるのは、専門学校の強みですね。
大好きなアニメ業界の仕事を擬似的に体験しながら、プロの世界に飛び込むための準備ができるため、専門学生としての期間はとても有意義な時間を過ごせるでしょう。
ぜひこのページを参考に、自分が学びたいと思える専門学校を考えてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする