アニメ業界の収入状況について

animator-income
数ある業界の中でもアニメ業界は人気が高く、毎年多くの方がアニメーション制作会社に入社を決めています。
ここではアニメ業界の収入状況についてお話ししていきますので、これからアニメ業界の道を目指す方などは参考にしてみて下さい。

業種によって収入は大きく異なる

アニメ作品は各専門のプロフェッショナルが協力して完成を目指していきます。業種によって収入も大きく変わるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

制作進行の収入状況

制作進行はアニメ制作を円滑に進行させる役割を担います。主な業務としてはアニメ制作に必要な予算の管理や、各スタッフのスケジュール調整などです。
そんなアニメ制作進行の収入についてですが、日本アニメーター・選出協会の調査によると、制作進行の平均月収は17万円となっているようです。
この結果から制作進行の平均収入は全業種の中でも低い位置にあることが伺えます。

アニメーターの収入状況

アニメーターはアニメ制作の基点となる「作画」を担当するお仕事で、「原画マン」と「動画マン」の2種類の役職が存在します。
収入は担当している業務によって異なるため、明確には定まっていませんが、基本的な平均年収としては332万円という結果が出ています。
アニメーターの場合、入社したばかりの頃は低収入であることが多く、実力をつけていくと共に昇級していくケースが多く見られます。

アニメプロデューサーの収入状況

アニメプロデューサーはアニメ制作における制作サイドを統括するポジョションで、アニメの企画段階から最終的な仕上げの部分までの全工程に携わります。
そのため責任の重いお仕事ではありますが、平均年収は550万と高く、アニメ業界全体を見ても高収入の部類に入ります。

アニメ監督の収入状況

アニメ監督はアニメ制作全体を指導・統括する重要な役職です。
アニメ監督の場合、自社の作成したアニメがヒットすることで、大きな収入を定期的に得ることが出来ます。
収入はその時によって大きく変動するため明確には定まっていませんが、多い人だと年収500万円超を貰っています。

脚本家の収入状況

脚本家の収入は受け持っている仕事の量や作品の売上によって大きく変わります。
平均年収は520万円とされていますが、中には年収1000以上万円を稼いでいる人もいるようです。

まとめ

今回はアニメ業界の収入状況についてお話しさせて頂きましたが、いかがだったでしょうか?
ご覧のようにアニメ業界の収入は業種によって大きく異なります。
これからアニメ業界を目指すのであれば、現実を踏まえた上で今一度ご自身の気持ちを再確認すると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする