アニメの制作進行の仕事内容とは

アニメ制作進行の仕事
アニメ制作を見えないところで支える縁の下の力持ち的役割を持つ制作進行。その仕事はどのようなものなのでしょうか。また、どうしたらよりチームに貢献できる優秀な制作進行になれるのでしょうか。詳しくご紹介していこうと思います。

制作進行の仕事内容

制作進行の仕事は多岐に渡りますが、その仕事内容は円滑にアニメ制作が行えるように取り計らうものがメインです。では、その具体的な仕事内容を見ていきましょう。

制作の段取りを決める

まずは制作のスケジュール、具体的な作業手順などを決定します。様々な事態などを想定しながら納期にしっかり間に合うように、慎重に検討します。

アニメーターの手配と資料の発注作業

次は制作に必要なアニメーターやスタッフの手配を予算と相談しながら行います。このタイミングで制作に必要な設定資料を発注するのも制作進行の仕事となります。

原画の運送・管理

制作進行は原画の運送を行います。現場と現場を繋ぐ役割があるので、原画を使用する現場全てに関わることになります。この運送が制作進行の仕事で一番辛い業務とされていますが、適したタイミングで原画を運ぶ人がいなければ他の現場が仕事にならないので、これも重要な役割です。
また、運ぶたびに原画は完成へと向かうため、そのチェックも制作進行の仕事です。原画がどのくらい仕上がっていて、あとどれくらいで完成するかなどのチェックを複数話同時並行で行うため、制作期間は忙しくなることがほとんどです。

納品までのスケジュール調整

納品が近づいてくると修正やトラブルも少なくありません。そこで制作進行が対処に赴き、納品に間に合わせられるように動き回ります。納品日に間に合わないと制作会社は違約金を払わなければならないので、何としてでも間に合わせることになります。

制作進行に必要とされる能力

仕事内容をご紹介してきたのですが、これらを十全に行うためには一体どのような能力が必要になるのでしょうか。

コミュニケーション能力

先述した通り、制作進行は現場と現場を繋ぐ役割があります。多くのスタッフと連携を取る必要があるので、円滑に話を進め、まとめる能力がないと制作進行を務めることは難しいと言えます。

スケジュールの管理能力

納品に間に合わせるためにはスケジュールを几帳面に管理できることが望ましいです。これができないと納品に間に合わなくなる可能性を上げてしまうほか、トラブルの発生に拍車をかけてしまいます。クオリティを保ちながら締め切りを守れるかが腕の見せ所です。

自分で考えて対処する能力

制作が完璧に予定通りのスケジュールで進行するとは限りません。そこで、制作進行はなるべく遅れが出ないよう早急にトラブルに対応しなくてはなりません。その際、より良い対応を自分で考えて行う必要があるので、普段から問題解決には積極的に取り組みましょう。

車の運転

先述の通り、原画の運送を行うため車の運転はできなくてはなりません。普通免許は必ず取っておくようにしておきましょう。また、事故などに遭わないように徹底した安全運転が求められます。

アニメの制作進行になるために

では、これらの作業をこなす制作進行になるためにはどうしたら良いのでしょうか。詳しく見てみましょう。

アニメ制作関連の専門学校・スクールに通う

一番オーソドックスな方法がアニメ制作関連の専門学校かスクールに通うことです。知識とスキルを身につけることができるだけでなく、校内での就職説明会が行われたり、中には卒業後も進路相談に乗ってくれるというところもあります。現在学生の方は進路として考えておくと良いでしょう。

未経験からアニメ制作会社に就職

制作進行は未経験からでも就職可能な業種です。制作進行に求められる能力がある程度備わっていれば、十分に採用される可能性はあるでしょう。

その後の進路

制作進行の仕事が十分にできるようになると、制作デスクという役職に昇進できます。制作デスクはチーフマネージャーとも呼ばれ、数名の制作進行の仕事を束ねる役職です。そこから制作デスクを数年やってプロデューサーの道が拓けるといったキャリアプランが考えられます。

まとめ

アニメの制作進行についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
制作進行は狭き門とされるアニメ業界で未経験が参入可能なので、アニメ制作に興味があって、スケジュール管理や問題解決が得意な方は目指してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする