アニメーターの仕事内容や平均年収について

animator-work
アニメが好きな方はアニメーターという職業に憧れたことがあるかもしれません。
しかしアニメーターの具体的な詳細までは知らないという方が多いと思うので、本記事で詳しく見ていきましょう。

アニメーターの仕事は大きく2つに分かれる

アニメーターには「原画マン」と「動画マン」の2種類の役割が存在します。
それぞれの仕事内容について詳しく見ていきましょう。

「原画マン」の仕事

「原画マン」はアニメーションカットの基点となる絵を作成するお仕事です。
最初に監督や脚本家と打ち合わせを行い、アニメーションの動きを考え、全体のポイントとなる部分を描き上げていきます。

「動画マン」の仕事

一方で「動画マン」は、「原画マン」が描いた作画やカット割りを元に作画の意図を汲み取って、アニメーションの動きが滑らかになるよう原画と原画の間に中割りを描いていくお仕事です。
入社して始めの内は、「動画マン」として経験を積んでいくケースが多いです。

アニメーターの収入状況

日本アニメーター・演出協会のデータによると、アニメーターの平均年収は332万円という結果が出ています。これは一般的な職業と比べると低い数値です。
アニメーターの給料が低い理由としては勤務形態にあります。
アニメーターの働き方はフリーランスが主流となっており、給料は「歩合制」で支払われることが多いです。また多くの場合は動画1枚あたりの単価が150円〜250円と安くなっています。そのため始めの内はある程度の作業をこなせるようになるまで低収入で頑張っていくことがほとんどなのです。
制作会社に勤めている場合でも月給で支払われるケースはあまり見られず、正社員や契約社員でない限りは達成した仕事量に応じて収入を得るというシステムが基本となっています。

まとめ

今回はアニメーターの収入状況について紹介させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?
このようにアニメーターの収入は他の業種よりも低い傾向にあり、多くの方は生活をまかなう為に別のお仕事と兼業しています。
もし今後アニメーターを目指すのであれば、日々の業務で着実にスキルを磨き、昇級を目指していくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする