アニメーターになる方法

アニメーターになる方法
アニメーターを目指す上での方法はさまざまです。
しかしどの部分でも共通して言えるのが、プロとして通用するほどの「画力」ですので、あくまでもそこのスキルは備わっている必要があります。
また画力の他にも、アニメ制作に関する基礎的な知識も身に付けておかなければなりません。
今回はアニメーターを目指すにあたっての幾つかの方法について紹介していきますので、今後の参考にしてみて下さい。

アルバイトで実践的なスキルを身に付ける

これはアルバイトとして現場でのスキルアップを目指すという方法です。
アルバイトの求人広告にはアニメ制作関連の募集をしていることがあるため、ある程度のスキルが既に備わっているという方は、この方法でアニメーターを目指してみるのが良いかもしれません。
このような下積みをこなしていくことで自然と必要なスキルが吸収できますし、今後さらなる高みを目指していくことだって可能です。
もしも入社した際はなるべく多くの方とコミュニケーションを取り合い、社内で良好な関係を築くと良いでしょう。
多くの方と人脈を広げることで、今後の発展により繋がりやすくなります。

スタジオに持ち込みをする

今では持ち込みの募集をかけているスタジオが多いので、自作の絵を直接スタジオに行って見てもらうのも有効な手段と言えます。
もしも自分の絵が認められた場合、アニメーターとしての道が本格的に見えてくるでしょう。
ただ画力の他に基礎的な知識も採用側は重視しています。これは入社後すぐに即戦力となる人材が欲しいからです。

まずは専門学校でノウハウを学んでゆく

もしも現段階でアニメーターとしてのノウハウやスキルが不十分だと感じている場合、まずは専門学校でノウハウを身に付けていくことが懸命かもしれません。
専門学校では生徒に向けて充実した学習内容を多く設けているので、アニメーターに関する知識が全く無い方でも着実にスキルを磨いていくことが可能です。
またアニメーターに関する専門的な学習の他、就職活動に向けての手厚いフォローも用意しているため、社会で通用する一般的なビジネスマナーも習得することが出来ます。

まとめ

アニメーターになる為の方法は幾つか存在し、その人の考え方などによって目指し方は異なります。
もしも今後アニメーターを目指す場合は、現在の自分の状況に合わせて適切な手段を選んでいくと良いでしょう。
自分なりの熱い情熱を持って、アニメーターとしての道を積極的に切り開いて行って下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする