制作進行の仕事について

制作進行の仕事を進める女性

アニメ業界の縁の下の力持ちと言われているのが、「制作進行」という業務をこなしている人たちです。
この業務があるからこそ、放送日や公開日にアニメを見ることが出来ると言っても良いでしょう。

アニメ業界で働く場合、基本的には絵やデジタル加工技術などの専門知識を身につけていなければなりませんが、制作進行の業務なら、これらは求められません。
専門的な知識や技術は持っていないけれど、アニメ業界で働きたいという方におすすめの業務だと言えます。

この記事で詳しく解説していきましょう。

制作進行とはどんな仕事か

制作進行は、主にアニメ制作現場のスケジュールの調整業務を行なっています。
このスケジュールの調整というのは、いかに作品の予算内で、日程通りに作品が完成するか考える仕事になります。

制作進行がスケジュール調整をうまく出来ないと、アニメーターの数が足りなくなってしまったり、逆に増やしすぎて予算からオーバーしてしまったり、なんてことが起こります。
更に、売れっ子のアニメーターは何箇所もの作品を同時に担当していることもある為、どれだけ先にスケジュールを空けてもらえるかも腕の見せ所になってくるでしょう。

時に臨機応変な対応も求められる為、常に焦らずにスケジュール調整をできるだけの冷静な心も必要になりますね。

制作進行になる為に何を学んでおくべきか

制作進行の業務に就く為には、「アニメ制作の流れを知っておく」ことが重要です。
アニメ制作がどのような流れで進んでいるのかが分からないと、どの業務に時間がかかって、どの業務はもう少し早めることが出来そうなのか、などの予想が全くつかなくなるからです。

特にアニメーターはどこの作品でも引っ張りだこなので、スケジュールの調整に苦労することも多くなります。
制作の流れを知っていれば、先にスケジュールをおさえておく方がいい場合や、逆にもう少し余裕を見ていい場合など、だんだんと試行錯誤出来るようになってきます。

一番おすすめなのはアニメの専門学校に行って、実際にアニメ制作に携わってみることです。
流れを体験することで、イメージもつきやすくなります。

まとめ

いかがでしたか。
アニメの制作現場での重要な役を担う「制作進行」の仕事について少し分かったのではないでしょうか。

制作進行はアニメ作品を作る上で欠かせない、責任のある業務です。
その分、無事に納期通りに作品が完成した時の喜びはひとしおでしょう。
やりがいのある、目指しがいのある仕事だと言えますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする