アニメシナリオライターの仕事について

アニメのシナリオライターをする人の頭の中

アニメシナリオライターは作品を作る上で必要不可欠な存在です。

シナリオは、そのまま作品のクオリティに直結するので大切な役割を担っています。
どれだけ素晴らしいキャラクターと背景があっても、シナリオが面白くないと作品としての価値が低いものになってしまうからです。

この記事では、そんなアニメシナリオライターの仕事内容や、なる為に必要なことについて解説していきましょう。

アニメシナリオライターとは

アニメシナリオライターは、その名の通りアニメのシナリオを書く仕事です。
漫画原作のものをアニメ化するにあたってシナリオを練り直す場合と、完全にオリジナル作品を書く場合とがあります。

しかし、どちらもただシナリオを考えて書くだけではありません。

アニメ監督やプロデューサーと一緒に決めていく為、自分がいくら面白い設定だと思っても、認めてもらえなければ何度も修正を重ねていくことになります。

時に、アニメ作品を元にカードゲームや玩具などとして商品を展開していくこともあるので、シナリオの中で矛盾点や商品化した時に不都合な部分が出てこないかのチェックもしっかり行われます。

アニメシナリオライターは、自分のアイデアだけが試される仕事ではないんだということは、頭に入れておくべきです。

アニメシナリオライターになる為に必要な能力

では、アニメシナリオライターになるには、どうすれば良いのでしょうか。
学生のうちから学んでおくべきことは、「構成力」です。

構成力があれば、アニメシナリオライターになった後でも、作品を通してメッセージを伝えやすくなります。
アニメ監督や、プロデューサーにも、伝わる作品を書くことが出来るようになるでしょう。

構成力とは

構成力とは、簡単に言うと「誰が、どうして、何をして、どうなった」という項目の情報量を適切にして、話の意味が分かる程度に一つにまとめて伝える力のこと。

構成力がないシナリオというのは、情報が足りていません。
例えば、主人公の気持ちの説明が足りなかったり、時代背景の説明が足りなかったりすれば、話全体に説得力が足りなくなりますよね。
このような作品の魅力は低くなってしまうでしょう。

構成力を鍛える為には、まだアニメ化していない漫画の構成を考えたり、アニメの専門学校でシナリオの書き方を学ぶのが一番です。

まとめ

この記事では、アニメシナリオライターの仕事について解説してきました。
いかがでしたでしょうか。

アニメのシナリオライターは作品のクオリティにも関わる重要な仕事です。
しかし、アニメ監督やプロデューサーを納得してもらわなくてならない為、高い構成力も求められます。
アニメのシナリオが書きたい、という思いを持っている方は、まずは専門学校などで技術を学ぶのがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする