アニメプロデューサーの仕事内容や求められるスキル


アニメプロデューサーという言葉をご存知でしょうか?
聞き覚えがあっても中身までは知らないという方が多いかもしれません。
今回はアニメプロデューサーの仕事内容やアニメプロデューサーに必要なスキルについてまとめましたので、気になった方は目を通してみて下さい。

アニメプロデューサーとは

アニメプロデューサーとはアニメ制作における企画段階から最終的な仕上げの部分までの全工程に携わるお仕事です。
制作に必要な資金の調達や予算配分を行ったり各部署に契約を持ち込んだりするため、制作サイドの重要な役柄と言えます。

アニメプロデューサーに求められる能力

アニメプロデューサーには幾つかの資質が求められます。
以下の項目に当てはまっている人は、アニメプロデューサーに向いているかもしれません。

金銭の管理能力

アニメプロデューサーはアニメ制作には欠かせない費用を管理する重要なポジョションです。
制作費用はアニメの売り上げに大きく関わってきますので、金銭の管理能力がある程度備わっている人がアニメプロデューサーに向いていると言えます。

的確な判断力

アニメ制作は限られた費用の中で行っていく必要があります。
予算の管理や配分はアニメプロデューサーに委ねられているので、作品をヒットさせる為にも費用を全体のどの部分に注ぐべきか見極めなければなりません。
従って、アニメプロデューサーには状況に応じた判断力が大きく求められます。

コミュニケーション能力

アニメ制作は多くの関係者が協力して行うので、一定のコミュニケーション能力は大切になってくるでしょう。
特にアニメプロデューサーの場合は多くのスタッフを束ねる事になるので、制作を円滑に進める為にも色々な人と意思の疎通を図らなくてはなりません。
また作品の利益を生み出すにあたって色々な部署に契約を持ちかけるため、取引先との良好な関係を築く事も大切です。
このような点から、アニメプロデューサーには高いコミュニケーションが必要と言えます。

まとめ

アニメプロデューサーは制作サイドにおける全体的な管理をするお仕事です。
限られた費用を上手にやり繰りしながら作品を成功に導くのがアニメプロデューサーの主たる任務ですので、制作費用の管理は勿論、その場その場の状況に応じた臨機応変な判断や対応が重要になってきます。
また多くの人と協力し合いアニメの完成を目指していくため、色々な人物と打ち解けられるようなコミュニケーション能力も必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする