アニメ専門学校の卒業後の進路とは

PAK86_shigotocyumangayomu20140125_TP_V (1)
アニメ専門学校の卒業生は、いったいどのような進路に進んでいるのでしょうか。
アニメの専門学校だからといって、アニメ業界でしか就職することができないなんてことがあっては、少し不安ですよね。
実はアニメ専門学校の卒業生には、アニメ業界以外にも様々な進路の選択肢があるのです。
今回はアニメ専門学校の卒業生の進路についてご紹介します。

アニメ専門学校卒業後の進路

アニメ制作会社

まず順当な就職先として、アニメ制作会社が挙げられます。
アニメが国を代表する文化として発展してきた日本国内には、大手から中小まで非常に多くのアニメ制作会社が存在しています。
制作会社ではアニメ制作に関わる様々な職種のスタッフが活躍しており、専門学校で学んだ知識やスキルをもとにそれぞれの適性に合わせていずれかの部署に配属されることになります。
給料や待遇で選ぶことも重要ですが、会社によって制作しているアニメのジャンルなども様々であるため、どこを重視して制作会社を選ぶかというのは人によって異なってくるでしょう。

漫画家

マンガはアニメとともに世界的にも知られている日本を代表する文化となっています。ファン層もアニメと漫画では似通ったところがあり、アニメ好きな人の中にはマンガも好きだという人が非常に多いです。
アニメーターを目指してアニメ専門学校で学んでいた人であれば、絵を描く技術に長けているため、漫画家としてマンガ絵を描くことが十分に可能です。また、アニメ専門学校ではストーリーの作り方などを学ぶ授業もあり、漫画家として活動するための基礎的なスキルは身についていることが多いです。
そのため、アニメ専門学校卒業後にアニメ業界に進むのではなく、漫画家を目指し始める人も少なからずいます。
アニメ制作が様々な職種の多数の人と協力して行うものであるのに対し、漫画家というのは一人または少人数で黙々と制作するパターンが多いです。性格や志向などによっては漫画家の方が合っているという人もいるため、一つの選択肢として考えることは理に適っているのではないかと思われます。

イラストレーター

アニメ制作者や漫画家とは少し毛色の違う進路として、イラストレーターが挙げられます。
上の項目でも述べたように、アニメーターを目指してアニメ専門学校で学んでいた人であれば、絵を描く技術には長けているはずです。
人物や背景が申し分なく描けるのであれば、イラストレーターの仕事も十分にこなせます。
イラストレーターの場合、特に絵柄の描き分けなどの技術が必要になってくる部分はありますが、アニメーター志望でも特に絵を描くこと自体が好きであったり、自信があったりする人にはおすすめできる進路です。

まとめ

アニメ専門学校を卒業すると、どうしてもアニメ業界に進むという思考に固まりがちです。
しかしアニメにそこまで強く拘らないのであれば、それ以外にも様々な進路の選択肢があります。
自分の性格や理想とするワークスタイルによっては、漫画家やイラストレーターなどへ進むことを検討してみてもよいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする